プロフィール – About Jim Rion

日本在住のアメリカ人です。外国語教師として海外在住歴を合わせると10年間その職に就いています。日本の大手会社では会議やプレゼ参加上でビジネス日本語の英訳等の経験があって、2015年からフリーランズ翻訳者になっています。

  • 2000年       タルサ大学卒業(主にドイツ語を専攻し、後のアイオア大学にてドイツ語教師として籍をおく)
  • 2001年~2003年 アイオア大学にて語学を学び、MAを取得
  • 2003年         ロシアにてCTEFL(外国人向けの英語教師の資格を取得)
  • 2004年~2007年 NOVAにてアシスタントトレーナーとしてスタッフの管理や教鞭を執る
  • 2007年~2011年 シルトロニックジャパン光工場にて社員への英語教育やビジネス英語一般の校正・添削、表現方法のトレーニング、マンツーマン授業,海外との英語による電話会議の実践レッスン等を経験
  •  2011年~2015年  下松市日立ハイテクノロジーズと製作所にて社員への英語教育と同時に、ALC教育社のエリアマネジャーとして教師の管理やお客様希望の授業をプロデュース、テキスト作成を担当
  • 2015年~  フリーランズで翻訳による、日本翻訳会社にて小説・漫画・ウェブサイト・マニュアルなど翻訳に幅広く対応。

***

I am an American living in Japan. I was a language educator for over ten years, with experience not only in conversational English education, but advanced business writing and presentation skills as well. I worked 8 years in-house at a major Japanese manufacturing and technology company teaching communication skills ranging from effective presentation techniques, to clear writing for the public, and more.

As a writer, I have been published in Sake Today, and on websites including WorkInJapan.Today, Sharpologist, Grasping for the Wind, and more. My non-fiction work has ranged from men’s grooming to Japanese genre fiction, and, of course, my personal hobby of Japan’s national drink of sake.

Since 2011, I have been translating Japanese into English, going full time freelance in 2015, and have worked across a broad range of texts from manga to TV scripts to games and more.

I hold a Master’s Degree in Linguistics, speak fluent German and Japanese, and have worked at the graduate level in translating and editing. I also am a certified International Kikisakeshi (SSI Sake Sommelier).

You can view a brief overview of some of my work as a translator and writer here: Examples of Work.